• 本

源氏物語 中

出版社名 国書刊行会
出版年月 2001年12月
ISBNコード 978-4-336-04392-4
4-336-04392-2
税込価格 2,090円
頁数・縦 278P 20cm
シリーズ名 源氏物語

商品内容

要旨

全五十四帖が、三冊で読めるコンパクトな現代語訳。中巻は、花散里〜初音を収録。

おすすめコメント

源氏物語を一つの巻ごとに原文どおりに訳すと難しい。一本の線のように中心を貫いて講義しました。感動の名著です。

著者紹介

吉屋 信子 (ヨシヤ ノブコ)  
1896〜1973。新潟県生まれ。新聞や女性向けの雑誌に数多くの作品を発表し、主に大衆小説および少女小説の分野で多大な読者の支持を得る。大正9年に刊行された『花物語』は“女学生のバイブル”といわれベストセラーとなった。戦後はあらたな境地をひらき、昭和27年には『鬼火』で第四回日本女流文学者賞を受賞。大正から昭和へかけての文学史上にひとつの地位を築いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)