• 本

短篇ベスト10

スタニスワフ・レムコレクション

出版社名 国書刊行会
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-336-04505-8
4-336-04505-4
税込価格 2,640円
頁数・縦 378P 20cm

商品内容

要旨

集団主義のイデオロギーによって個人が厳しく抑圧される様を、独裁者の支配下、人びとが水の中に住むことを強制されている星に仮託して風刺的に描いた「航星日記・第十三回の旅」、大事故にあった宇宙船の中に唯一生き残った、壊れかけのロボットに秘められた謎を追った「テルミヌス」、高性能コンピューターに人類の歴史のありとあらゆる情報を吸収させた上で詩を作らせる、抱腹絶倒の言葉遊び「探検旅行第一のA(番外編)、あるいはトルルルの電遊詩人」など、自由な実験場ともいうべきレムの短篇の中から、ポーランドの読者人気投票で選ばれた15篇中、未訳の10篇を集めた日本版オリジナル傑作短篇集。

出版社
商品紹介

ポーランドで刊行されたベスト短篇集をもとに『ロボット物語』や泰平ヨンものから「マスク」他10篇を集成した新訳アンソロジー。

著者紹介

レム,スタニスワフ (レム,スタニスワフ)   Lem,Stanislaw
1921年、旧ポーランド領ルヴフ(現在ウクライナ領)に生まれる。クラクフのヤギェウォ大学で医学を学び、在学中から雑誌に詩や小説を発表し始め、1950年に長篇『失われざる時』三部作を完成(第一部が『変身病棟』)。多くのSF作品を発表し、その第一人者として高い評価を得る。同時に、理論的大著、メタフィクショナルな作品や文学評論などを発表。小説から離れた最晩年も、独自の視点から科学・文明を分析する批評で健筆をふるい、中欧の小都市からめったに外に出ることなく人類と宇宙の未来を考察し続ける「クラクフの賢人」として知られた。2006年に死去
沼野 充義 (ヌマノ ミツヨシ)  
1954年、東京生まれ。東京大学卒、ハーバード大学スラヴ語学文学科に学ぶ。ワルシャワ大学講師を経て、東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)