• 本

日本映画時評集成 1990−1999

出版社名 国書刊行会
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-336-05484-5
4-336-05484-3
税込価格 5,400円
頁数・縦 418P 22cm
シリーズ名 日本映画時評集成

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

徹底して日本映画の現在と格闘しながら新たな“活劇の行方”を問いつづける―「キネマ旬報」で長期連載中の“日本映画時評”を一挙単行本化!

目次

1990年(珍しさいろいろ
フィクションの臨界点 ほか)
1991年(歴史と現在の跛行
女優の皺が暴く ほか)
1992年(予断を許さぬ面白さ
倒錯と破綻 ほか)
1993年(善意の情熱について
描写のスペクタクル ほか)
1994年(何かに似ている
表現としての非情 ほか)
1995年(カタルシスの形
異物としての映画 ほか)
1996年(才能の使い方
些事へのまなざし ほか)
1997年(『アトランタ・ブギ』
作品の表と裏 ほか)
1998年(『HANA‐BI』
もっと別の視線を ほか)
1999年(フィルムとデジタルの関係
’60年代との距離 ほか)

著者紹介

山根 貞男 (ヤマネ サダオ)  
1939年大阪生まれ。映画評論家。大阪外国語大学フランス語科卒業。書評誌・書籍編集者を経て、映画批評誌「シネマ」69〜71の編集・発行に参加。1986年より「キネマ旬報」に日本映画時評を書き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)