• 本

原始文化 上

宗教学名著選   5

出版社名 国書刊行会
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-336-05692-4
4-336-05692-7
税込価格 7,128円

商品内容

要旨

上巻では、本書の方法論を述べ、退化論に抗し、近代西洋と低次文化との関係を探り、感情と模倣の言語、数を扱う技能、神話を取り上げて文化の発展理論を模索。アニミズムを定義し、人間とそれ以外の魂に関する教理へと進む。『金枝篇』のフレイザーに多大な影響を与えた世界的名著、待望の全訳!

目次

文化の科学
文化の発展
文化における残存
感情言語と模倣言語
数を扱う技能
神話論
アニミズム

著者紹介

タイラー,エドワード・バーネット (タイラー,エドワードバーネット)   Tylor,Edward Burnett
1832年、イギリスのカンバーウェルに生まれる。トッテナムのフレンド派(クェーカー教徒)の学校で基礎教育を受けたのち、大学へは進学せずに16歳で家業の真鍮鋳造を手伝うが、健康を害して23歳で退職。1855年、療養のために中南米を旅行し、帰国後の1861年に処女作『アナワク』を上梓。1896‐1909年、オックスフォード大学の初代人類学教室教授。1917年、サマーセットのウェリントンで死去
松村 一男 (マツムラ カズオ)  
1953年千葉県生まれ。1986年東京大学大学院人文科学研究科満期退学。和光大学教授
奥山 倫明 (オクヤマ ミチアキ)  
1963年北海道生まれ。1996年東京大学大学院人文社会系研究科修了。南山大学教授
奥山 史亮 (オクヤマ フミアキ)  
1980年山形県生まれ。2011年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。北海道科学大学全学共通教育部講師
長谷 千代子 (ナガタニ チヨコ)  
1970年鹿児島県生まれ。2003年九州大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程単位修得退学。九州大学大学院比較社会文化研究院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)