• 本

ヘンリー・スティムソン回顧録 下

出版社名 国書刊行会
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-336-06149-2
4-336-06149-1
税込価格 5,280円
頁数・縦 416,13P 22cm
シリーズ名 ヘンリー・スティムソン回顧録

商品内容

要旨

パールハーバーから原爆投下へ―アメリカはいかにして決断を下したのか。セオドア・ローズヴェルト、タフト、フランクリン・ローズヴェルト、トルーマンら歴代アメリカ大統領との生々しいやりとり、チャーチルやスターリン、ムッソリーニら各国要人との息詰まる駆け引き、激動する世界の渦中で分裂の危機に瀕したアメリカ―当事者だけが語りうる証言の数かずが歴史の舞台裏を明らかにする。

目次

第3部 危機の時代(武装を求める
一年目
疑惑の谷
戦争始まる
軍隊と大戦略
戦時中の陸軍
全面動員への取り組み
陸軍と海軍
陸軍と大連合
平和の始まり
原爆と日本の降服
原爆とロシアとの協調
公職最後の日々)

著者紹介

スティムソン,ヘンリー・L. (スティムソン,ヘンリーL.)   Stimson,Henry L.
1867.9.21〜1950.10.20。アメリカ合衆国の政治家。タフト政権下で陸軍長官(1911〜1913)、クーリッジ政権下でフィリピン総督(1928〜1929)、フーヴァー政権下で国務長官(1929〜1933)、フランクリン・ローズヴェルトならびにトルーマン政権下で陸軍長官(1940〜1945)など数々の要職を歴任、20世紀前半期のアメリカ合衆国のさまざまな政策決定に深く関与した。1945年9月陸軍長官を退任、マックジョージ・バンディの助けを借りて回顧録を執筆した。1950年83歳で死去
バンディ,マックジョージ (バンディ,マックジョージ)   Bundy,McGeorge
1919.3.30〜1996.9.16。アメリカ合衆国の政治学者。ケネディ政権、ジョンソン政権下で国家安全保障担当大統領補佐官(1961〜1966)を務め、キューバ危機、ヴェトナム戦争などアメリカの安全保障政策に深く関わった。大統領補佐官辞任後は、フォード財団理事長、ニューヨーク大学教授などを務めた。1996年77歳で死去。父は、スティムソンの特別顧問のハーヴェイ・バンディ
中沢 志保 (ナカザワ シホ)  
1955年長野県生まれ。津田塾大学大学院国際関係学研究科博士後期課程修了。博士(国際関係学)。現在、文化学園大学現代文化学部教授。専攻、国際関係学・国際政治史
藤田 怜史 (フジタ サトシ)  
1981年千葉県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(史学)。現在、明治大学文学部兼任講師。専攻、アメリカ現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)