• 本

明治・大正・昭和初期日本ポスター史大図鑑

出版社名 国書刊行会
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-336-06308-3
4-336-06308-7
税込価格 13,200円
頁数・縦 399P 31cm

商品内容

要旨

日本のポスター文化を膨大な図版と詳細な解説で紹介する画期的大図鑑!知る人ぞ知る函館市中央図書館所蔵品を中心に重要作から異色作までを網羅した、日本ポスター史の決定版誕生!

目次

1 黎明期の日本製ポスター―煙草産業
2 ポスター界を牽引する4業種―飲料・海運・百貨店・出版
3 百花繚乱の美人画ポスター
4 史料としてのポスター
5 モダン・デザインの潮流と受容
6 プロパガンダの時代

著者紹介

田島 奈都子 (タジマ ナツコ)  
東京都出身、ポスター研究者。筑波大学大学院博士課程芸術学研究科デザイン学領域満期退学。専門は1890〜45年頃までの日本製ポスターと、ポスターを中心とするデザイン史および文化史。近年は戦前・戦中の中国、台湾、朝鮮において製作・使用されたポスターの閲覧調査を実施し、同時代の日本製ポスターとの相違や、影響関係に関する研究も行っている。現在、青梅市立美術館に学芸員として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)