• 本

カメラとにっぽん 写真家と機材の180年史

出版社名 国書刊行会
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-336-06381-6
4-336-06381-8
税込価格 2,970円
頁数・縦 175P 26cm

商品内容

要旨

第二次大戦後、先進の写真機材を世界に供給した「カメラ大国」日本において、その渡来時から表現と技術はいかに密接に関わってきたのか―写真家の作品とその背景にあるカメラ機材の歴史を、豊富な図版と多岐にわたるエピソードとともに振り返る、全く新しい形の日本写真史。

目次

1 写真黎明期―ダゲレオタイプから乾板まで(ダゲレオタイプカメラ
日本への写真伝来 ほか)
2 表現手段としてのカメラ―アマチュア写真から報道写真まで(福原信三とソホレフレックス・トロピカル
福原路草とソルントンレフレックス ほか)
3 カメラと写真家の繚乱時代―フィルム全盛期(木村伊兵衛とローライフレックス
林忠彦とライカ、ローライ ほか)
4 表現と機能の多様化―そしてデジタルへ(広田尚敬とニコンF、キヤノンF‐1
水谷章人とキヤノンF‐1 ほか)
5 私とカメラ―ターニング・ポイント(藤本四八―焼け跡の銀座で
笹本恒子―女性で初めての報道写真家として ほか)