• 本

言うて詮なきことの記 随筆集

出版社名 国書刊行会
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-336-06591-9
4-336-06591-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

幼き日の思い出、多忙な職業生活、そして老境の日々―厚生事務次官、宮内庁長官を歴任した元官僚が人生の折節に書き綴った珠玉の“由なしごと”九十八篇。

目次

第1章 思い出すあの日あの時―ゆく河の流れは絶えずして(十一月の陽光
焼けつくような ほか)
第2章 仕事の周辺のことども―面白きこともなき世を(男純情の
自虐私観 ほか)
第3章 身辺の由なしごと―遊びをせんとや(だぼ鯊か食わず嫌いか
聖母マリアのキウイ ほか)
第4章 少々怪しげな考察―ただ珍しく面白く(難読奇姓考
「コドモ」を大切に ほか)

著者紹介

羽毛田 信吾 (ハケタ シンゴ)  
1942年、山口県川上村(現萩市)に生まれる。県立萩高等学校を経て京都大学法学部卒業。1965年、厚生省(当時)に入省。同省の他、北海道庁、内閣官房などに勤務。厚生事務次官を経て宮内庁次長、宮内庁長官を歴任。現在、宮内庁参与、昭和館館長、恩賜財団母子愛育会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)