• 本

探偵小説と〈狂気〉

出版社名 国書刊行会
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-336-07193-4
4-336-07193-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 368P 22cm

商品内容

要旨

近代は何を狂わせたか―“異”なるものの復権。探偵小説がいかに“狂気”を描いたかを読み解き、近代という時代に潜む文化と制度の裡面、そして文学によってなされた企みを明らかにする。

目次

第1部 心身における“狂気”(狂信という心理―小栗虫太郎「後光殺人事件」
“狂気”を孕む身体―夢野久作「ドグラ・マグラ」)
第2部 “狂気”を内包する場(精神病院法のもたらす探偵/犯人像の構築―大阪圭吉「三狂人」
戦後社会への批判としての“狂気”―大下宇陀児・水谷準・島田一男「狂人館」)
第3部 法制度と“狂気”(精神鑑定という罠―平林初之輔「予審調書」
自白の追求という“狂気”―小酒井不木「三つの痣」
夢遊病と犯罪をめぐって―浜尾四郎「夢の殺人」)
第4部 “狂気”表象の歴史性(“狂気”の物語の発掘―岡本綺堂「影を踏まれた女」
精神医学に復讐する狂女―夢野久作「笑ふ〓女」
佯狂表象の物語―岡本綺堂「川越次郎兵衛」)
第5部 仕掛けとしての“狂気”(ミスリードと“狂人”―江戸川乱歩「緑衣の鬼」
探偵行為としての精神分析―木々高太郎「わが女学生時代の扉」)

著者紹介

鈴木 優作 (スズキ ユウサク)  
神奈川県生まれ。立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了、成蹊大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。『新青年』研究会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)