• 本

渋沢栄一伝 日本の未来を変えた男

出版社名 小峰書店
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-338-08164-1
4-338-08164-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 223P 20cm

商品内容

要旨

ひとりの力ではなく、みなの力を合わせる合本の思想で、世の中を変える。個人の利益を追求するのではなく、社会の役に立つ事業をおこなう。今までの知識や経験、人脈を生かせば、きっとできる。「まずは銀行だ」大蔵省で手がけていた銀行の設立を、民間の側から実現させる。栄一は思い立ったその日から動き出した―。約500社の企業を育てた「日本の資本主義の父」。農家に生まれ、尊皇攘夷の志士となり、幕臣、新政府の役人から、やがて民間の企業人となった男の活躍を描く歴史青春ストーリー。

目次

第1部 立志篇(尊皇攘夷の旗をかかげて
ただひとりの主君
栄一の西方見聞録
新たな道へ)
第2部 知命篇(日本の資本主義の父―渋沢栄一の企業活動
『論語と算盤』―渋沢の経営哲学
よりよい社会のために)
第3部 明治時代の実業家たち(五代友厚
岩崎弥太郎
三野村利左衛門
中上川彦次郎
益田孝
大倉喜八郎
浅野総一郎
藤山雷太
広岡浅子
ダイアナ・アプカー)

出版社・メーカーコメント

明治・大正時代の日本を代表する経済人として活躍。2024年から新1万円札の肖像画にもなる渋沢栄一の伝記。読み物としてだけでは無く、渋沢が作り出した事業や、同時代を生きた人々の紹介もあり、学習的な資料としても役立ちます。

著者紹介

小前 亮 (コマエ リョウ)  
1976年、島根県生まれ。東京大学大学院修了。専攻は中央アジア・イスラーム史。2005年に歴史小説『李世民』(講談社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)