• 本

世界の文字と言葉入門 15

日本のローマ字と点字

世界の文字と言葉入門 第2期  15

出版社名 小峰書店
出版年月 2005年4月
ISBNコード 978-4-338-19715-1
4-338-19715-3
税込価格 3,520円
頁数・縦 47P 29cm
シリーズ名 世界の文字と言葉入門

商品内容

要旨

日本でローマ字が使われるのはなぜ?いつから使われているの?そもそもローマ字とは。

目次

1 ローマ字の基礎知識(英語かな?
そもそも日本のローマ字って何?
ローマ字1文字1文字の名前 ほか)
2 ローマ字をとおして日本語の音について考えよう(日本語の母音と子音
ローマ字と日本語の音
日本語の変化 ほか)
3 もっと知ろう!ローマ字と点字(ローマ字で日本を紹介しよう
ローマ字で書いた「日本はこんな国」
日本のまちで見かける点字)

著者紹介

川村 大 (カワムラ フトシ)  
1965年、新潟県生まれ。1988年東京大学文学部卒業。1990年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学文学部助手、武蔵大学人文学部助教授、東京外国語大学講師などを経て、東京外国語大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)