• 本

鬼遊び 〔2〕

地獄のお囃子

出版社名 小峰書店
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-338-33002-2
4-338-33002-3
税込価格 1,296円
頁数・縦 153P 20cm
シリーズ名 鬼遊び

ホラー短編集シリーズ、待望の第2弾!

  • こわい
  • 懐かしい

お年寄りの話を真面目に聞かない、しきたりを破る、自己中心的になる、気弱になる…そんな風にして「鬼」の世界に引き寄せられてしまう子供たちを、日本の四季や原風景とともに描いた短編シリーズです。待望の第2弾『地獄のお囃子』は夏のお話。金魚すくい、影ふみ、飛びこみ、蛍狩りなど夏らしい楽しげな行事がじわじわと恐怖に包まれる…。挿絵も震える怖さです。夏の暑い夜にお楽しみください。

商品内容

要旨

夜店に花火、盆踊り。そこにもここにも鬼がいる。気づいたときにはもうおそい。鬼祭りからは逃げられない。

おすすめコメント

「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」(偕成社)の作家廣嶋玲子さんの新シリーズ。怖ーいお話がつまった短編集。季節ごとのお話で、シリーズ全4巻刊行予定です。

著者紹介

廣嶋 玲子 (ヒロシマ レイコ)  
横浜生まれ。第四回ジュニア冒険小説大賞の『水妖の森』(岩崎書店)でデビュー。『狐霊の檻』(小峰書店)で「第34回うつのみやこども賞」受賞
おとない ちあき (オトナイ チアキ)  
1988年生まれ。イラストレーター。書籍装画を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)