• 本

エルビス、こっちにおいで

出版社名 さ・え・ら書房
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-378-01529-3
4-378-01529-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 159P 20cm

商品内容

要旨

ぼくは、のら犬。母さんはトラックで人間につれていかれた。ぼくに家族はいない。ほかの犬からはいじめられてばかり。にげだそうとして、ぼくは車にはねられた。そうして、ぼくはアナと出会った。名前もつけてもらった。ぼく、エルビスです!ぼくとアナ。いっしょにあそびまわり、いたずらをして、わらいころげた日々。それは、ずっとつづくかと思ったのに…。―のら犬エルビスが語る、人間と犬と家族のこと。犬の気もちをわかっていない、心やさしいあなたのための物語。

著者紹介

モルレシン,ロドリゴ (モルレシン,ロドリゴ)   Morlesin,Rodrigo
1972年メキシコシティ生まれ。何千冊もの本を手にとって、読んだり、デザインしたり、紹介したりしてきた。翻訳も手がける。初めて執筆した『エルビス、こっちにおいで』はメキシコで話題をよび、中米各国やコロンビア、エクアドル、中国、トルコでも刊行されている
きたむら さとし (キタムラ サトシ)  
1956年東京生まれ。絵本作家、イラストレーターとして、65点以上の本を手がけ、作品はギリシャ語、トルコ語、スペイン語、フランス語、中国語、英語などに翻訳されている。『ぼくはおこった』(評論社)でマザーグース賞、『ふつうに学校にいくふつうの日』(小峰書店)で日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞。メキシコ、コロンビアなどラテンアメリカの国々でワークショップを行い、絶大な支持を得ている
宇野 和美 (ウノ カズミ)  
東京外国語大学スペイン語学科卒業。出版社勤務を経て、スペイン語翻訳にたずさわり、スペインやラテンアメリカの児童文学を積極的に紹介している。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)