• 本

思想はいまなにを語るべきか 福島・沖縄・憲法

出版社名 三一書房
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-380-18006-4
4-380-18006-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 187P 19cm

商品内容

要旨

原発、沖縄米軍、改憲の三つの柱に即し、時代の転換期を生きる一人の知識人が、現実と格闘した思考の記録です。思考の可能性を追求する営為の追体験をしてください。

目次

第1章 フクシマ―3・11以後をあらためて考える
第2章 日本問題としての沖縄米軍基地
第3章 日本国憲法の行方―歴史認識から未来志向まで

著者紹介

高橋 哲哉 (タカハシ テツヤ)  
1956年福島県生れ。東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。東京大学大学院総合文化研究科(教養学部)教授
前田 朗 (マエダ アキラ)  
1955年札幌市生れ。東京造形大学教授、朝鮮大学校講師、日本民主法律家協会理事、東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会共同副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)