• 本

勝鬘夫人のさとり 『勝鬘経』を読む

新・興福寺仏教文化講座 2

出版社名 春秋社
出版年月 1997年3月
ISBNコード 978-4-393-13290-6
4-393-13290-4
税込価格 2,700円
頁数・縦 259P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

仏とは何か、仏にまみえる、そして成仏とはどういうことか?今、一女性の純真な信仰告白をとおして、その解答が示される。

目次

序説 大乗経典『王妃シュリーマーラーの師子吼』(勝鬘経)の世界への導入のために(勝鬘経の成立
勝鬘経の流伝
在家の一女性による仏説の開陳―勝鬘夫人のモデルはあったのか ほか)
本文 勝鬘夫人のさとり(勝鬘経の幕開け
み仏との出会い―それが何を意味するのか
十箇の大いなる誓戒 ほか)