• 本

道元禅師の心

出版社名 春秋社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-393-13423-8
4-393-13423-0
税込価格 2,700円
頁数・縦 306P 20cm

商品内容

要旨

時代ごとの主著から、その現代語訳をあげて、禅師の言葉を通して深まりゆく悟りの境地をたどり、現代人が学ぶべき禅の真髄を明らかにする。

目次

第1章 道元禅師の生涯(生誕から入宋まで
入宋後の修行
帰国後の最初の教え ほか)
第2章 正法眼蔵と道元禅師の心(一顆明珠の巻
即心是仏の巻
谿声山色の巻 ほか)
第3章 道元禅師が伝えたかった心(参禅は大悟の体験が必須であること
大悟への執着もまた迷いであること
因果無人の生活に徹すること ほか)

おすすめコメント

道元の生涯と主要著作のわかりやすい現代語訳を載せた入門書として、道元の思想を学びたい人や禅に興味のある読者にお勧めの本です。

著者紹介

窪田 慈雲 (クボタ ジウン)  
1932年東京に生まれる。1949年安谷白雲老師に初相見。1955年横浜国立大学経済学部卒業。1969年安谷白雲老師に受戒。光山巍堂の居士号を受く。1972年安谷白雲老師より大事了畢の証明を受け、慈雲軒の軒号を受ける。1973年安谷白雲老師遷化後、山田耕雲老師に師事。1975年ロンドンに於て再見性。1983年宗教法人三宝教団正師家に任命される。1985年山田耕雲老師より嗣法。1989年山田耕雲老師遷化に伴い、三宝教団第三世管長に就任、2004年10月三宝教団管長を退任(山田凌雲老師継承)。以後ドイツミュンヘン郊外ヴァイアン禅堂の指導は継続。2005年3月渋谷区代々木上原禅道場指導開始。2009年1月盛和塾禅会指導開始。2011年5月下村満子「生き方塾」禅会指導開始。2015年1月ヴァイアン禅堂指導終了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)