• 本

仏心のひとしずく

出版社名 春秋社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-393-14432-9
4-393-14432-5
税込価格 1,728円
頁数・縦 195P 20cm

商品内容

要旨

生きてあることの“いのち”のいとおしさとつよさを切々と語る、鮮烈な仏教エッセイ。

目次

睦月の章 腰骨を立てる
如月の章「戒」ということ
弥生の章 みんな観音さま
卯月の章 言葉では語り得ぬもの
皐月の章 もう一人の自分と出会う
水無月の章 ただひとつに打ち込んで
文月の章 いのちかぎりなし
葉月の章 「ありがとう、すみません、はい」の心
長月の章 悲しみをこえて
神無月の章 混沌の世に〔ほか〕

おすすめコメント

悲しみを越え、苦難を越えて、生きてあることの〈いのち〉のいとおしさとつよさを、しみじみと滋味豊かに語る。いま注目の禅宗(臨済宗)の円覚寺派管長が、人としてあることの〈目覚め〉を切々とうったえる鮮烈な仏教エッセイ。

著者紹介

横田 南嶺 (ヨコタ ナンレイ)  
1964年、和歌山県新宮市に生まれる。大学在学中に、東京白山・龍雲院の小池心叟老師に就いて出家得度。1987年、筑波大学を卒業、京都・建仁寺の湊素堂老師のもとで修行。1991年、鎌倉・円覚寺の足立大進老師のもとで修行。1999年、円覚寺僧堂師家。2010年、臨済宗円覚寺派管長。2017年、花園大学総長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)