• 本

推論主義序説

現代哲学への招待 Great Works

出版社名 春秋社
出版年月 2016年1月
ISBNコード 978-4-393-32338-0
4-393-32338-6
税込価格 4,104円
頁数・縦 308,8P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

言語表現の意味は推論におけるその役割に依存するという推論主義。それは分析哲学におけるドイツ観念論、そしてヘーゲルの復活へとわれわれを導く。ローティーやセラーズを継承するネオ・プラグマティズムの旗手ブランダム、本邦初訳。

目次

第1章 意味論的推論主義と論理的表現主義
第2章 行為、規範、実践的推理
第3章 信頼性主義の洞察と盲点
第4章 単称名辞とは何か、そして、なぜそれらがあるのか
第5章 推論から表象への社会的なみちすじ
第6章 客観性、および合理性の規範的な微細構造

著者紹介

ブランダム,ロバート (ブランダム,ロバート)   Brandom,Robert B.
1950年生まれ。イェール大学卒業、プリンストン大学にてPh.D.を取得。現在、ピッツバーグ大学哲学教授。専門は言語哲学、心の哲学、論理学の哲学。ポスト分析哲学、ネオ・プラグマティズムの旗手であり、またへーゲル主義者としても知られる
斎藤 浩文 (サイトウ ヒロフミ)  
1963年生まれ。東京大学教養学部卒業、同大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。現在、滋賀大学教育学部教授。専門は、言語哲学、数学・論理学の哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)