• 本

徳倫理学 ケンブリッジ・コンパニオン

出版社名 春秋社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-393-32353-3
4-393-32353-X
税込価格 5,616円
頁数・縦 521,29P 20cm

商品内容

要旨

生の目的を見定め、「徳」を希求する人類最古の倫理学=徳倫理学。功利主義や義務論と違い、個々の行為より生全体を問う視点が示すものは何か。古代ギリシアや西洋中世、中国の儒教から、アンスコムやフットといった近現代の展開まで丁寧に追い、その考え方を懇切に解説、また環境・医療・ビジネス・政治など応用倫理の場面をも網羅した最良の入門書。

目次

現代道徳哲学における徳倫理学
徳倫理学・幸福・善き生
古代の徳倫理学―思慮に焦点を当てた概観
徳倫理学と中国の儒教の伝統
中世の徳倫理学
ヒュームによる徳の解剖
徳倫理学の衰退の歴史
二十世紀の徳倫理学
徳倫理学と正しい行為
徳倫理学と生命倫理学
環境徳倫理学
ビジネス倫理に対する徳倫理学的アプローチ
徳と政治
徳倫理学に対する状況主義者からの批判
徳倫理学の定義

出版社
商品紹介

善き生を求め、人格の陶冶をめざす徳倫理学。古代〜近現代の展開を追い、その考え方を懇切に解説。応用場面も網羅する最良の入門書。

著者紹介

立花 幸司 (タチバナ コウジ)  
1979年、東京都生まれ。熊本大学文学部准教授、東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野業務協力者、米国ジョージタウン大学メディカルセンター客員研究員
相澤 康隆 (アイザワ ヤスタカ)  
1979年、東京都生まれ。三重大学人文学部准教授
稲村 一隆 (イナムラ カズタカ)  
1979年、埼玉県生まれ。弘前大学教育学部講師
佐良土 茂樹 (サラド シゲキ)  
1981年、川崎市生まれ。上智大学哲学研究科特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)