• 本

グノーシス主義の思想 〈父〉というフィクション

出版社名 春秋社
出版年月 2009年11月
ISBNコード 978-4-393-33298-6
4-393-33298-9
税込価格 2,700円
頁数・縦 280P 20cm

商品内容

要旨

伝統や権威に反逆するもうひとつの“知”のかたちとして、心理学者ユングやポストモダンの思想家など、多くの知識人を魅了してきたグノーシス主義。しかし彼らの理解は、おのれの空想や独善を仮託した蜃気楼にすぎなかった。虚妄の解釈を排して、歴史の流れを大胆につかみ、テキストを細心に読み解くとき、“父なる神”の真の姿を求めて進化したグノーシス主義の発展と崩壊の軌跡がはじめて明らかになる。

目次

第1章 グノーシス主義前史(古代都市の信仰―「父」というフィクション
プラトン主義的形而上学
ストア主義的自然学
混淆主義的変身譚)
第2章 二つのグノーシス神話(『ポイマンドレース』
『ヨハネのアポクリュフォン』)
第3章 鏡の認識(グノーシス主義と精神分析
プレーローマの成立と破綻
奪われた自己像
仮現論―真実の神の変容
新婦の部屋)
第4章 息を吹き込まれた言葉―グノーシス主義とキリスト教(グノーシス主義とキリスト教
神の三つのペルソナ―キリスト教教義の要約
言葉の分裂
真の神の名)

出版社
商品紹介

錯綜したテキストと時代精神を読みとき、キリスト教最大の異端にしてユングほか多くの知識人を魅了した偉大な古代思想の真実を示す。

著者紹介

大田 俊寛 (オオタ トシヒロ)  
1974年生。専攻は宗教学。一橋大学社会学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻宗教学宗教史学専門分野博士課程修了。博士(文学)。現在、埼玉大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)