• 本

さいごまで「自分らしく」あるために ホスピスの現場から

出版社名 春秋社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-393-36557-1
4-393-36557-7
税込価格 2,052円
頁数・縦 281P 19cm

商品内容

要旨

病院か?在宅か??たとえどこにいようとも、人生の最終章を自分らしく迎えるために―。それぞれの臨床現場で終末期の“いのち”と向き合ってきた先駆者がいま伝えたいこと。

目次

第1部 ホスピスの現場から(私のホスピス宣言2018―自分らしいエンディングを迎えるために
逝く人に学ぶ―在宅ホスピスの現場から世界へ
ホスピスのある街をつくって気づいたこと
地域とともにある“ホスピス”の試み)
第2部 ホスピスケアの理念のもとで(日本のホスピスが忘れてきたもの(鼎談 山崎章郎・二ノ坂保喜・米沢慧)
広がるいのちのコミュニティ(座談 山崎章郎・二ノ坂保喜・佐藤健・米沢慧))

おすすめコメント

在宅医療時代、たとえどこにいようとも、さいごを「自分らしく」迎えるには。「いのち」と向き合ってきた先駆者がいま伝えたいこと。

著者紹介

山崎 章郎 (ヤマザキ フミオ)  
1947年、福島県生まれ。千葉大学医学部卒業後、同大学病院勤務。1984年より八日市場市民総合病院(現・匝瑳市)にて消化器医長を務め、院内外の人々とターミナルケア研究会を開催。1990年、『病院で死ぬということ』刊行。91年より聖ヨハネ会総合病院桜町病院(東京・小金井市)に移り、05年までホスピス科部長を務める。05年10月にケアタウン小平クリニック(東京・小平市)を開設。ケアタウン小平クリニック院長
二ノ坂 保喜 (ニノサカ ヤスヨシ)  
1950年、長崎県生まれ。長崎大学医学部卒業後、長崎大学病院第一外科研修。その後、救急医療、地域医療の現場で経験を重ね、福岡市・福西会川浪病院(現・福西会病院)等を経て、1996年よりにのさかクリニック(福岡・福岡市早良区)を開業。在宅医としてホスピスに取り組む。05年に、様々な職種とのネットワークによる「ふくおか在宅ホスピスをすすめる会」設立。11年に地域生活ケアセンター「小さなたね」を地域の人々とともに開設。バングラデシュと手をつなぐ会、NGO福岡ネットワークなど国際保健医療の分野での持続的な活動を行っている
佐藤 健 (サトウ ツヨシ)  
1957年、愛知県生まれ。名古屋大学医学部卒業。医学博士。中津川市民病院、愛知県厚生連昭和病院、名古屋大学医学部第二外科を経て、1991年、国立豊橋病院勤務。1996年より「豊橋ホスピスを考える会」に参加、地域のホスピス運動に取り組み、2005年国立病院機構豊橋医療センター緩和ケア病棟の開設に尽力、実現。同医療センター副院長・緩和ケア部長。2004年と2014年に生と死を考える会全国協議会全国大会長(豊橋)、2009年に第33回日本死の臨床研究会年次大会長(名古屋)を務めた
米沢 慧 (ヨネザワ ケイ)  
1942年、島根県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。評論家。岡村昭彦の会世話人。FT(ファミリー・トライアングル)ケアネット代表。「AKIHIKOゼミ」をはじめ、看護・医療、いのちを考えるセミナーを東京、神奈川、長野、福岡等で主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)