• 本

がんになったとき選ぶ力生きる力

春秋暮らしのライブラリー

出版社名 春秋社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-393-71056-2
4-393-71056-8
税込価格 1,836円
頁数・縦 218P 19cm

商品内容

要旨

がんになったことで、新たな生きる力を獲得できるというような選択もあるのではないか。それを探ろうと「選択」をテーマにがん体験者、ご家族、がん治療やケアの専門家などさまざまな立場の方から話を聞き、幅広い視野でこのテーマを見つめた。

目次

1 よりよい選択のためにセカンドオピニオンを
2 生き方も生活も変えられることがわかった
3 病気と闘うのではなく心地よく暮らしたい
4 自分のがんは自分にしか治せない
5 心のケアまでは医療者に求めない
6 再発の不安とどのようにつきあうか
7 自分の体と上手につきあい大事に暮らす
8 患者が声をあげなければ医療は変わらない
9 自分にとってのがんの意味を求め続ける

出版社
商品紹介

がんになった時、たくさんの情報の中から何を選べばよいのだろうか。長く上手にがんとつきあっていくための知恵が満載。

著者紹介

天野 敦子 (アマノ アツコ)  
1960年生まれ。フリーライター。約10年間の看護師としての臨床経験をへてライターとしての活動を開始。健康、医療、代替療法、がんなどのテーマを中心に執筆している
斉藤 弘子 (サイトウ ヒロコ)  
ノンフィクションライター。「生と死」や「心」の問題など、いまの時代と社会をみつめるテーマを追究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)