• 本

ラモー氏の原理に基づく音楽理論と実践の基礎

出版社名 春秋社
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-393-93196-7
4-393-93196-3
税込価格 4,180円
頁数・縦 257P 22cm

商品内容

要旨

『百科全書』の編纂者ダランベールがラモーの難解な理論を平易にまとめた入門書(1752年刊)。18世紀のヨーロッパで大評判となった歴史的文献を本邦初訳。

目次

導入部―用語の定義(旋律、和音、和声、音程
音階に含まれる様々な音程の名称
オクターヴよりも大きい音程について ほか)
第1巻 和声理論(前提となる基本的ないくつかの実験
2つの調の起源、最も自然な旋律、最も完全な和声の起源
5度連鎖と、守るべき法則 ほか)
第2巻 作曲の主要な規則(同一音程に与えられる様々な名称について
様々な音程の比較
様々な音部記号、音価、拍子、シンコペーションについて ほか)

著者紹介

ダランベール,ジャン・ル・ロン (ダランベール,ジャンルロン)   d’Alembert,Jean Le Rond
1717‐1783。18世紀の重要な数学者、物理学者であり、フランス啓蒙思想の中心人物の1人。23歳で王立科学アカデミーの准会員となり、『動力学論』(1743)などを発表し、数学者、物理学者としての揺るぎない名声を得た。1747年にはディドロと共に『百科全書』の編集責任者となり、フランス啓蒙思想を総括した記念碑的論考「百科全書序論」(1751)を執筆した。音楽にも造詣が深く、『百科全書』の音楽に関する項目をいくつか寄稿している
片山 千佳子 (カタヤマ チカコ)  
1971年東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。同大学院修士修了後、1975〜79年ストラスブール人文科学大学音楽学博士課程で仏政府給費留学生として学ぶ。1982年東京藝術大学大学院博士課程を単位取得退学。現在、東京藝術大学音楽学部楽理科教授
安川 智子 (ヤスカワ トモコ)  
パリ第4大学修士課程および東京藝術大学博士後期課程修了。博士(音楽学)。専門は19世紀〜20世紀初頭のフランス音楽。現在日本学術振興会特別研究員PD、および国立音楽大学、東京工芸大学、関東学園大学各非常勤講師
関本 菜穂子 (セキモト ナホコ)  
パリ第4大学Master課程および東京藝術大学博士後期課程修了。博士(音楽学)。専門は17〜18世紀フランス音楽理論史。これまでに仏政府給費、ロータリー財団、ロームミュージックファンデーションの奨学金を受け、現在パリ第4大学博士課程在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)