• 本

ミクロログス〈音楽小論〉 全訳と解説

出版社名 春秋社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-393-93213-1
4-393-93213-7
税込価格 5,184円
頁数・縦 301P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

“ドレミの始祖”として知られるグイド・ダレッツォの著作を詳細な訳注・解説とともに翻訳。中世ヨーロッパの音楽理論書として名高い『ミクロログス』の全訳をはじめ、“ドレミ”音階の由来となった記述や五線譜の起源についての記述を含む3つの文書の抜粋訳を収録。グイドの著作の解題のみならず、中世の音楽理解を助ける解説論文8本を併録。

目次

ミクロログス(音楽小論)
参考資料(抜粋訳)(韻文規則
アンティフォナリウム序文
未知の聖歌に関するミカエルへの書簡)
解説論文(『ミクロログス』解題
グイド・ダレッツォの生涯
グイド・ダレッツォ、その業績
教育者グイド―ソルミゼーション教育とその伝承
モノコルドについて ほか)

おすすめコメント

西洋音楽史上最も重要な古典文献、ついに日本語に! “ドレミの始祖”と呼ばれるグイド・ダレッツォの著作を訳注・解説とともに翻訳。