• 本

今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!

出版社名 春陽堂書店
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-394-99001-7
4-394-99001-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 244P 19cm

商品内容

要旨

武道はスポーツ?コンピューター・ゲーム(eスポーツ)もスポーツ?サッカーってどういう意味?バレーボールは?ドッジボールとロサンゼルス・ドジャースの関係は?スポーツの意味がわかれば、世界が広がる。

目次

第1章 「スポーツって何?」と訊かれて、あなたは答えられますか?(サッカーって、どういう意味?
オフサイドって、どういう意味?
バスケットボールは、なぜボールを持って3歩で反則なのか? ほか)
第2章 古いスポーツと新しいスポーツ(はたして大相撲はスポーツなのか?
相撲のおかしさと面白さとは?
「おすもうさん」安美錦の引退は、ひとつの時代の終焉? ほか)
第3章 オリンピックとは「何」なのか?(1964から2020へ―二度目には何をするべきか?
映画『東京オリンピック』は何を残したのか?
オリンピックを「見る」とは、どういうことか? ほか)

おすすめコメント

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツ文化評論家・玉木正之が、文化としてのスポーツの魅力を解き明かすコラム集。“スポーツとは何か?”という問いを考え、意味を理解することで世界が広がる。スポーツの学び直し、スポーツになじみのない方は入門・雑学書として楽しめます。

著者紹介

玉木 正之 (タマキ マサユキ)  
スポーツ文化評論家。1952年京都市生まれ。東京大学教養学部中退後、フリー・ライター、放送作家、小説家として活躍。日本で最初にスポーツライターを名乗る。過去に静岡文化芸術大学、石巻専修大学等の客員教授や、筑波大学大学院、立教大学大学院等の非常勤講師を務める。現在は日本福祉大学客員教授。TVやラジオでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)