• 本

遺す言葉 「寂庵だより」2017−2008年より

出版社名 祥伝社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-396-61777-6
4-396-61777-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 358P 19cm

商品内容

要旨

誰かを幸せにするためによく動き、よく働いた―寂聴さんが編集長を務めた「寂庵だより」から晩年の随想10年分収録。

目次

1 定命尽きるまで―二〇一七年
2 今日もまだ生きている―二〇一六年
3 長い入院生活を経て―二〇一五年
4 闘病、骨折…困難の一年―二〇一四年
5 人生最後、九十歳の大革命―二〇一三年
6 丈夫な体、元気の秘訣―二〇一二年
7 東日本大震災を経験して―二〇一一年
8 今が一番、いきいきしている―二〇一〇年
9 よく動き、よく働いた―二〇〇九年
10 八十代の暮らしではない忙しさ―二〇〇八年

著者紹介

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922年、徳島県生まれ。1943年、東京女子大学卒。1957年、「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、61年、『田村俊子』で田村俊子賞、63年、『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年、岩手県平泉の中尊寺で得度。法名寂聴(旧名・晴美)。京都嵯峨野に「寂庵」を構える。1992年、『花に問え』で谷崎潤一郎賞、96年、『白道』で芸術選奨、2001年、『場所』で野間文芸賞を受賞。2006年、文化勲章を受章。2011年、『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。著書に「悔いなく生きよう」(小社刊)など多数。2021年11月9日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)