• 本

資本主義の歴史 起源・拡大・現在

出版社名 人文書院
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-409-51080-3
4-409-51080-0
税込価格 2,376円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

歴史学の大家による、厳密にして明晰、そして驚くほどコンパクトな資本主義通史。その起源から現代の金融資本主義に至る長大な歴史と、アダム・スミス、マルクス、ヴェーバーからシュンペーター、ポメランツに至る広範な分析理論までが一冊に凝縮。世界史的視野と、資本主義の本質に迫る深い考察が絡み合い、未来への展望をも示唆する名著。

目次

第1章 資本主義とは何か(論議のつきまとう概念
三つの古典―マルクス・ヴェーバー・シュンペーター ほか)
第2章 商人資本主義(端緒
中国とアラビア ほか)
第3章 拡大(ビジネスと暴力―植民地支配と世界交易
株式会社と金融資本主義 ほか)
第4章 資本主義の時代(工業化とグローバル化―一八〇〇年以降の時代のアウトライン
オーナー資本主義から経営者資本主義へ ほか)
第5章 展望

著者紹介

コッカ,ユルゲン (コッカ,ユルゲン)   Kocka,J¨urgen
1941年生まれ。ビーレフェルト大学教授、ベルリン自由大学教授を歴任し、現在ベルリン自由大学名誉教授。ドイツ近現代史、ヨーロッパ比較史
山井 敏章 (ヤマイ トシアキ)  
1954年生まれ。立命館大学経済学部教授。ヨーロッパ近代社会経済史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)