• 本

子どもを幸せにする遺言書 日本一相続を扱う行政書士が教える

青春新書INTELLIGENCE PI−560

出版社名 青春出版社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-413-04560-5
4-413-04560-2
税込価格 994円
頁数・縦 187P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「たいして財産がないから」「うちは仲がいいから」「平等に分けるから」そんな家族ほどモメるのはなぜか!想いがきちんと伝わる書き方にはコツがある。2019年1月13日より改正民法が順次施行。遺言書の書き方が変わる!

目次

第1章 これだけは知っておきたい相続のこと(相続とは
法定相続人とは ほか)
第2章 これだけは知っておきたい遺言書のこと(遺言書の種類
遺言書に書けること)
第3章 こんな人には遺言書が必要です(残された配偶者が一人暮らしになる人
特定の相続人に多めに財産を遺してあげたい人 ほか)
第4章 もめない遺言書を作るためのポイント(もめない遺言書にするための事前チェック
もめない遺言書の書き方のポイント1―遺産の分け方 ほか)
第5章 私が出会った、子ども・家族を幸せにした遺言書(幸せをつないだ遺言書の実例1―心配りの遺言書
幸せをつないだ遺言書の実例2―最後のラブレター ほか)

著者紹介

倉敷 昭久 (クラシキ アキヒサ)  
1959年鳥取県米子市生まれ。行政書士法人倉敷昭久事務所代表行政書士。神奈川大学経済学部卒業。米子市役所臨時職員、冠婚葬祭互助会等を経て、2003年に43歳で行政書士試験に合格。同年、米子市に行政書士倉敷昭久事務所(個人事務所)を開設し、相続専門事務所として業務を開始する。2010年に行政書士法人となり、以降、兵庫オフィス(西宮市)、東京オフィス(渋谷区)、新潟オフィス(新潟市中央区)、山形オフィス(鶴岡市)を開設。5事務所を拠点として14都府県で活動中。年間相談件数4000件を超える、日本一の相続専門行政書士法人を経営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)