• 本

ホスピスナースが胸を熱くしたいのちの物語 忘れられない、人生の素敵なしまい方

出版社名 青春出版社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-413-23117-6
4-413-23117-1
税込価格 1,490円
頁数・縦 240P 19cm

商品内容

要旨

アメリカで20年、在宅ホスピスケアの専門家が出会った家族、愛、そして誇り―。自分らしく生きるために人生の最終章を考える。

目次

プロローグ ホスピスで出会った素敵な人々
16日2時間10分の奇跡―生まれる前からホスピスケアを運命づけられたいのち
前を向いて生きよう―ポジティブなオーラを常にまとったいのち
あの日のアメリカ人―厳しさと優しさを兼ねそなえたいのち
はるかなるケンタッキー―母娘で最後の時間を慈しんだいのち
ちょうちょ―平凡でも、価値のある人生を教えてくれたいのち
ははこづる―母に勇気と強さを与え続けたいのち
ビスコッティ―肉体の限界を超え、奇跡を垣間見せてくれたいのち
ソファーの下のヴァイオリン―ときを超えて、夢を叶えたいのち
グリーンベレー―命をかけて戦い続けたいのち
ペルーの花―心の中に咲き続ける、儚くも美しいいのち
らしく生きる―仕事に対する誇りを伝えてくれたいのち
ありのままで―最後まで自分らしく。自分たちらしく在ったいのち
彼の声を聴く―まるで映画のような見事な旅立ちを見せてくれたいのち
エピローグ―逝く瞬間まで生ききる、ということ

出版社・メーカーコメント

在宅ホスピスナースとして20年以上の経験をもつ著者が出会った、ごく普通の人たちの、どこにでもありそうでどこにもない、そんな素敵ないのちの物語。ホスピスは死ぬ場所ではありません。人間らしく、その人らしく、人生をまっとうできるようにお手伝いするケアが、ホスピスなのです。●16日2時間10分の奇跡〜生まれる前からホスピスケアを運命づけられたいのち ●前を向いて生きよう〜ポジティブなオーラを常にまとったいのち  ●ははこづる〜母に勇気と強さを与え続けたいのち  ●ビスコッティ〜肉体の限界を超え、奇跡を垣間見せてくれたいのち  ●ソファーの下のヴァイオリン〜ときを超えて、夢を叶えたいのち ●ありのままで〜最後まで自分らしく。自分たちらしく在ったいのち  ほか、全13話

著者紹介

ラプレツィオーサ 伸子 (ラプレツィオーサ ノブコ)  
日本の大学病院で看護師として勤務後、渡米。がん専門看護で看護修士(MSN)を取得し、訪問看護、特に在宅ホスピスナースとして20年の経験を重ねる。アメリカのホスピス緩和ケア認定看護師、小児ホスピス緩和ケア認定看護師。ELNEC(End‐of‐Life Nursing Education Consortium)認定指導員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)