• 本

塩の料理帖 味つけや保存、体に優しい使い方がわかる

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-416-62146-2
4-416-62146-9
税込価格 1,760円
頁数・縦 135P 26cm

商品内容

要旨

どんな料理も塩だけで美味しい!毎日の献立が手軽に、そして味も決まります。

目次

1章 塩だけレシピ(塩焼き
塩炒め ほか)
2章 塩もみ&塩漬けレシピ(大根の塩もみ
にんじんの塩もみ ほか)
3章 塩水レシピ(野菜をゆでる
パスタをゆでる ほか)
4章 香り塩レシピ(昆布塩
ミックスハーブ塩 ほか)

出版社・メーカーコメント

塩は料理に必ず使われるもっとも基本的な調味料と言えます。塩味を加えるだけでなく、素材の持つ旨味や香りを引き出す助けもしてくれます。精製塩、海水塩、岩塩、湖塩、ハーブソルトなど種類もさまざまで、それぞれに相性の良い料理も異なります。本書は塩の選び方、使い方、そして塩を使ったアレンジレシピを多数紹介する塩料理の本です。味を決める使い方、食材を長持ちさせる使い方、体を整える使い方など、塩の持つ調味料としての力を引き出します。

著者紹介

角田 真秀 (スミダ マホ)  
料理研究家。夫の角田和彦とともにフードユニット『すみや』として、ケータリングを開始し、料理教室、雑誌や企業のレシピ提案などの活動を行う。家族の介護などで忙しい日々を過ごした30代の頃、天日塩をはじめとする基本調味料だけで料理を作る事に支えられた。その経験により、どの家庭にもある基本の調味料を使った、心も身体も休まるレシピを考案し、幅広い層に支持されている。おすすめ食材のオンラインショップsumiya STOREも人気(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)