• 本

今日からはじめるねこ防災 いっしょに乗り越えるための一冊

出版社名 自由国民社
出版年月 2024年3月
ISBNコード 978-4-426-12978-1
4-426-12978-8
税込価格 1,540円
頁数・縦 252P 19cm

商品内容

要旨

災害が起こってからでは遅い。「在宅ひにゃん」の正しい知識&準備すべてがわかる本。

目次

第1章 どこにも逃げない。腹を決めれば「安心」が見えてくる
第2章 日常生活に取り入れる。この考え方で「準備」はうまくいく
第3章 「水道が止まった!」でも大丈夫!
第4章 「電気が止まった!」でも大丈夫!
第5章 「ガスが止まった!」でも大丈夫!
第6章 避難生活の質は、「食事の質」で決まる
第7章 備えておきたい薬や衛生品
第8章 備えて安心、長期の避難生活

出版社・メーカーコメント

災害が起こってからでは遅い。いますぐ、今日からはじめましょう。何があっても、ずっと一緒にいるために。東日本大震災から10年以上が経ちました。その間にも、熊本での地震や九州地方や関東地方を襲った豪雨、新型コロナウイルス感染症、そして今年元日の能登半島地震など、多くの災害、非常事態が私たちの暮らしをおびやかしています。この先も、首都直下地震や南海トラフ地震をはじめ、大型台風による水害や新たな感染症なども懸念されており、心配は増えるばかりです。もし、本当にそれらのことが自分と、一緒に暮らすねこに降りかかってきたら。そう考えると、怖くなってしまうのではないでしょうか。しかもねこ達を守る上で、私たちには大きな落とし穴が待ち構えています。その代表的なものが「避難」です。ねこは防災準備をすることはできません。あなたのねこが頼れるのはあなただけ。私たちはねこ達にとって親のような存在です。信頼に応えるためにも、しっかり準備すること。そうしてはじめて、ねこと一緒に安心して暮らせるし、大切なねこ達を守っていけます。この本を読めば、よくある防災への勘違いが解消され、「こんなはずではなかった」が無くなります。とっつきにくかった防災の準備も、スッキリと分かります。そしてあなたの不安は解消され、「自分のねこは、自分で守れる。ねこと一緒に非常時も乗り越えていける」という安心感が生まれてくることでしょう。

著者紹介

かばき みなこ (カバキ ミナコ)  
ねこ好き家族のもと、ねこと共に育つ。一度は保護した子ねこを失った経験から「ねこと人の幸せな生活」の追求をライフワークにすることを決意。2009年に子ねこの育て方を教えるWebサイトを立ち上げる。現在は子ねこの育て方だけではなく、老ねこの介護も支援。自ら子ねこを保護し、里親を探して譲渡する活動も行う。商社勤務の経験が長く、生活雑貨の商品開発に携わってきたことから、ねこグッズ・ねこ雑貨の商品開発なども得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)