• 本

ぼくの初恋は透明になって消えた。

出版社名 アルファポリス
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-434-24559-6
4-434-24559-7
税込価格 1,296円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

たった一人の写真部に所属する高校生・石見虹郎―通称「石ころ」は、うまくクラスに馴染めず孤独な学校生活を送っていた。そんなある日、ひょんなことから知り合ったのが、クラスメイトの最上律。教室ではあまり見かけないくせに、明るく前向きな彼女と接するうちに、灰色だった石ころの世界は鮮やかに彩られていく。しかし快活に振る舞う律には、誰にも言えない秘密があって…。二人のせつない初恋を描いた感涙必至のデビュー作!新進気鋭の作家が描く、まったく新しい恋愛小説!

著者紹介

内田 裕基 (ウチダ ヒロキ)  
数々の映像作品で脚本を手掛ける新鋭作家。『ぼくの初恋は透明になって消えた。』で出版デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)