• 本

近代日本を創った身体

出版社名 大修館書店
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-469-26813-3
4-469-26813-5
税込価格 2,268円
頁数・縦 262P 19cm

商品内容

目次

第1章 江戸の身体から明治の身体へ―嘉納治五郎の柔道にみる近代の身体
第2章 大学が期待した学生の身体―学生スポーツ団体をめぐるやり取りの分析を通して
第3章 “劣った身体”の発見
第4章 “蛮カラ”な運動部員の思想と身体
第5章 レクリエイトされる身体―自律化するスポーツ空間/グローバル化するレクリエーション
第6章 “体育会系”神話の起源―近代企業が求めた有用な身体
第7章 近代日本が否定した「身体」
第8章 経験と切り離された身体の行方―健康をめぐる近代的身体の一断面

おすすめコメント

スポーツ人類学・体育史の大家と、気鋭の若手研究者らが、日本人が「近代にふさわしい身体」をどのように創ったのかを明らかにする。

著者紹介

寒川 恒夫 (ソウガワ ツネオ)  
1947年生まれ。筑波大学大学院体育科学研究科博士課程修了(学術博士)。専攻、スポーツ人類学。現在、早稲田大学スポーツ科学学術院教授。1992年から2011年まで東京大学教育学部・大学院教育学研究科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)