• 本

保健科教育学の探究 研究の基礎と方法

出版社名 大修館書店
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-469-26892-8
4-469-26892-5
税込価格 3,190円
頁数・縦 324P 21cm

商品内容

要旨

保健科教育学は、教科教育学の定義に倣うならば、「学校における保健の授業実践を中心に、それに関わる諸事象を対象とする科学的研究」を行う学問といえる。この時、この学問分野で行われる全ての研究は、保健の授業実践の進歩発展に寄与するものでなければならない。また、児童生徒等はいずれ大人になっていくことを考え合わせれば、この学問の目的は、「保健の授業を通して人々のヘルスリテラシーを高め、生涯を通して健康の保持増進に寄与すること」といえる。

目次

現代社会における保健科教育への期待
第1部 保健科教育学の基礎(保健科教育学の基本的性格
保健科のカリキュラム論
保健科の学習指導論)
第2部 保健科教育学の研究方法(保健科教育学研究の進め方
保健授業の実践研究
保健科教育学研究の具体的事例)

著者紹介

今村 修 (イマムラ オサム)  
東海大学名誉教授
植田 誠治 (ウエダ セイジ)  
聖心女子大学教授・副学長
岡崎 勝博 (オカザキ カツヒロ)  
東海大学教授
野津 有司 (ノズ ユウジ)  
筑波大学教授/同大学附属中学校校長
野村 良和 (ノムラ ヨシカズ)  
筑波大学名誉教授
森 良一 (モリ リョウイチ)  
東海大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)