• 本

ウー・ウェンの北京小麦粉料理

出版社名 高橋書店
出版年月 2001年11月
ISBNコード 978-4-471-40006-4
4-471-40006-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 159P 26cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 中華万歳!
    餃子、包子、花巻、餅、麺などなど、
    小麦粉で作るレシピの本です。

    作りやすい分量と、
    わかりやすい手順の写真。
    包みものなんかは具のバリエーションも豊富です。
    お店のはもちろん美味しいけど、
    自分で作ったものは小麦粉の素朴な味と香りが素敵です♪

    分量と手順をきちんと守れば美味しく作れる本です。
    慣れてきたら具材のアレンジに挑戦。
    無限のバリエーションで楽しめる本です。

    (2016年4月4日)

商品内容

要旨

ギョーザ、タンタン麺、ワンタン、チュンピン、春巻き、ゴーティエ、花巻き、パオズほか、全64品のつくりかたの本。

目次

水、ぬるま湯、熱湯でこねる生地(水でこねる生地
ぬるま湯でこねる生地
熱湯でこねる生地)
発酵生地
水と油でこねる生地

出版社・メーカーコメント

作ってみたかった、本場の小麦粉料理をわが家で 首都北京をはじめ、中国北部の主食は小麦粉。日本人が毎日米をとぐのと同様、北京の家庭では毎日、小麦粉をこねて食事を作ります。そんな日常的な家庭料理なので、実はどれも簡単。シュウマイや春巻きなど日本人にも親しみやすく、作ってみたいものばかり。自分の手で粉をこね、のばし、切り、自分の手で作ったソースをあえて食べる体験は、きっと本場北京の風土を感じさせてくれることでしょう。小麦粉料理には、粉に水をなじませていく、こねて生地を作る、成形するなどいくつかの必要な過程があります。実際に作ることに重点をおいて、それらの一つ一つをプロセス写真で解説。必ず作れる実用テキストです。

著者紹介

ウー ウェン (ウー ウェン)  
北京市生まれ。北京師範大学卒業。1990年来日。1996年、NHK出版『H2O』誌で発表した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家となる。北京に伝わる家庭料理を中心に、ネイティブな味の紹介に努めている。自宅でクッキングサロンを主宰するほか、雑誌やテレビでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)