• 本

禅とジブリ

出版社名 淡交社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-473-04259-0
4-473-04259-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫が三人の禅僧と語る“半径3メートル”の禅問答。やわらかく、やさしく、強く、この時代を生きるには。

目次

プロローグ―間のこと
第1回 細川晋輔和尚(龍雲寺住職)
第2回 ふたたび、細川晋輔和尚(龍雲寺住職)
第3回 横田南嶺老師(円覚寺派管長)
第4回 玄侑宗久和尚(作家・福聚寺住職)
第5回 おしまいに、細川晋輔和尚(龍雲寺住職)
エピローグ

おすすめコメント

〈「今」を生きなきゃ! ──スタジオジブリプロデューサーと禅の僧侶が語らう、現代の生き方〉 〈ジブリを禅で読みとく、禅をジブリで読みとく白熱対談〉   「過去、未来じゃなく、もっと今のことを考えなきゃ」──スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫氏が禅僧と奔放対談。対するは、玄侑宗久氏(作家・福聚寺住職)、横田南嶺氏(臨済宗円覚寺派管長)、細川晋輔氏(龍雲寺住職)の三人。『もののけ姫』『火垂るの墓』などジブリの名作から、死生観や人生哲学などを禅的に読みとき、宮崎駿・高畑勲両監督との映画制作の経験に照らして禅を語ります。月刊『なごみ』連載に対談と鈴木氏のエッセイを追加収録。   【スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫氏が禅僧と奔放対談。ジブリの名作を禅的に読みとき、映画制作の経験から禅を語る。】

著者紹介

鈴木 敏夫 (スズキ トシオ)  
1948年、愛知県生まれ。78年から雑誌編集のかたわら、『風の谷のナウシカ』『火垂るの墓』など宮崎駿・高畑勲監督のアニメーション映画を制作。のちスタジオジブリ専従となり、ほぼ全劇場作品をプロデュースする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)