• 本

交渉で負けない絶対セオリー&パワーフレーズ70

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-478-02476-8
4-478-02476-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 237P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

交渉の本場・ニューヨークで百戦錬磨の日本人弁護士が教える!序盤戦からクロージングまで、交渉ですぐ使える実践ノウハウを一挙紹介。

目次

第1章 あらゆる交渉を有利に進める11の絶対セオリー―序盤戦で優位な状況をつくる
第2章 あなたの主張を効果的に伝える11の絶対セオリー―中盤戦の駆け引きを制する(1)
第3章 タフネゴシエーターと渡り合う10の絶対セオリー―中盤戦の駆け引きを制する(2)
第4章 クロージングを成功に導く14の絶対セオリー―終盤戦で目的を達成する
第5章 交渉の力学を支配する14の絶対セオリー―「見えない力」を味方につける
第6章 交渉マインドを高める10の絶対セオリー―「負けない力」を身につける

出版社・メーカーコメント

交渉の本場・ニューヨークで百戦錬磨の日本人弁護士が、自ら効果を実証済みの絶対セオリーと、交渉に役立つパワーフレーズを一挙紹介。「譲歩するときは、譲歩の幅を徐々に小さくせよ」「相手の主張に賛成しながら、有利な方向へ話を導け」など、序盤戦からクロージングまで役立つノウハウが満載!

著者紹介

大橋 弘昌 (オオハシ ヒロマサ)  
米国ニューヨーク州弁護士。日本国外国法事務弁護士。1966年生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、サザンメソジスト大学法科大学院卒業。西武百貨店商事管理部、山一證券国際企画部を経て、渡米しニューヨーク州弁護士資格を取得。米国の大手法律事務所ヘインズアンドブーン法律事務所にて5年間プラクティスした後、2002年に大橋&ホーン法律事務所を設立。現在、ニューヨーク、ダラス、東京の3都市に事務所を構え(東京事務所は大橋&ホーン外国法事務弁護士事務所)、日本企業の在米現地法人を中心に100社以上のクライアントを持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)