• 本

あの本は読まれているか

出版社名 東京創元社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-488-01102-4
4-488-01102-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 443P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一冊の小説が世界を変える。それを、証明しなければ。冷戦下、CIAの女性たちがある小説を武器に超大国ソ連と戦う!本国で出版契約金200万ドル(約2億円)のデビュー作!2020年海外ミステリ最高の話題作!!

おすすめコメント

冷戦下のアメリカ。ロシア移民の娘であるイリーナは、CIAにタイピストとして雇われるが、実はスパイの才能を見こまれており、訓練を受けてある特殊作戦に抜擢される。その作戦の目的は、反体制的だと見なされ、共産圏で禁書となっているボリス・パステルナークの小説『ドクトル・ジバゴ』をソ連国民の手に渡し、言論統制や検閲で迫害をおこなっているソ連の現状を知らしめることだった。――そう、文学の力で人々の意識を、そして世界を変えるのだ。一冊の小説を武器とし、危険な任務に挑む女性たちを描く話題沸騰の傑作エンターテインメント!

著者紹介

プレスコット,ラーラ (プレスコット,ラーラ)   Prescott,Lara
アメリカ、グリーンズバーグ出身。アメリカン大学で政治学を学ぶ。2018年にテキサス大学オースティン校のミッチェナーセンターで美術学修士号を取得。執筆活動を始める前は選挙運動のコンサルタントとして活躍していた。2016年に“Aedinosaru”でクレイジーホース・ヴィクション賞を受賞。2019年にデビュー作の『あの本は読まれているか』が刊行され、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)主催の2020年エドガー賞最優秀新人賞にノミネートされた
吉澤 康子 (ヨシザワ ヤスコ)  
津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)