• 本

ハーバード流子育ての公式 子どもが勝手に学び出す!

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-492-31518-7
4-492-31518-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 331P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

優秀な人たちの人生を調べると、意外なことがわかる。彼らの育ち方には共通点がある。彼らの親は、8つの原則に基づいた公式を実践していた。親がこの公式を使えば、本人の生まれもつ能力に関係なく、子どもは成績優秀者になり、充実した人生を送る。ハーバード卒業生調査で判明「デキる子の共通点」。

目次

優秀な人はどのように育てられたのか
天才児でなくても成功できる
ハーバード大学育ち方プロジェクトで見つかった子育ての公式
達人はこうして作戦を実行する
役割1 まず「最初の学びのパートナー」になる
役割2 学校の問題を解決する「整備士」に
優等生のきょうだいはどう育つのか
役割3 成功を大胆に後押しする手配役
役割4 新しい世界を見せる紹介役
役割5 人生の意味や目的を伝える哲学者
役割6 子どもが憧れを抱くお手本となる
役割7 権力者と渡り合う方法を教える交渉相手
逆境でもあきらめず勝利をつかむ方法を学ぶ
役割8 進むべき方向を指し示すGPS

おすすめコメント

超難関ハーバードに受かる子供はどんな教育を受けたのか?120人へのインタビューからわかった「子育ての8つの公式」が明らかに。

著者紹介

ファーガソン,ロナルド・F. (ファーガソン,ロナルドF.)   Ferguson,Ronald F.
経済学者。マサチューセッツ工科大学で学び、経済・社会・教育問題に取り組む。ブランディス大学、ブラウン大学で教鞭をとったのち、1983年にハーバード大学ケネディ行政大学院の教員に就任。2014年、学校制度にまつわるアンケート実施サービスを提供する企業Tripod Education Partnersを共同で設立。ケネディ行政大学院では非常勤に転換し、同大学院マルコム・ウィナー社会政策センター客員研究員、および子どもの学力格差解消を目指す全学的な取り組みAchievement Gap Initiative(AGI)のディレクターを務める。現在は、AGIから生まれた乳幼児の親のための育児支援プロジェクトBoston Basicsに注力し、同プロジェクトの他都市への拡大に取り組んでいる
ロバートソン,ターシャ (ロバートソン,ターシャ)   Robertson,Tatsha
編集者、ライター。20年以上に及び調査記事、特集、ニュース記事などの執筆と編集に携わる。『ボストン・グローブ』紙の女性初のニューヨーク支局長として全米を取材する中で、成功する子どもの育て方に関心を抱き始める。近年は『ビープル』誌のシニアエディターとして、犯罪にまつわる記事を手がけた。2005年以降、ニューヨーク大学でジャーナリズム兼任教授を務める。朝のニュース番組『トゥデイ』、テレビ局CNN、HLN、FOX、MSNBCの番組など、全国メディアに度々登場している
森田 由美 (モリタ ユミ)  
翻訳家。京都大学法学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)