• 本

ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-492-31522-4
4-492-31522-5
税込価格 3,520円
頁数・縦 476P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

現代世界の経済や政治には、さまざまな歪みが生じている。一部の富裕層や巨大企業による富の独占。「一人一票」の公正なはずの公選挙や国民投票では、極端な自国中心主義のリーダーの誕生やBrexitなど、思いもよらない結果が導き出される。これらは根本的(ラディカル)な改革が必要なのではないか。本書では、伝統的な私有財産のあり方を変える「COST」、従来の選挙での投票行動の常識をくつがえす「QV」といった、経済と政治、社会に抜本的な改革を促す斬新なアイデアを提言する。COSTでは、不動産などの資産の価格を「自己申告」し、それに応じて税金を課す。そして誰かがその申告額かそれ以上の額を払おうとするならば、その人に資産を売却しなければならない。QVでは、自分の関心事に対する投票に比重をかけて投票ができる。著者のエリック・A・ポズナー氏は、シカゴ大学ロースクールのカークランド・アンド・エリス特別功労教授。E・グレン・ワイル氏は、マイクロソフト首席研究員で、イェール大学における経済学と法学の客員上級研究員。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2020年1月29日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

富裕層による富の独占、膠着した民主主義、巨大企業によるデータ搾取。21世紀初頭の難題を解決するまったく新しいビジョン!

目次

序文 オークションが自由をもたらす
序章 自由主義の秩序の危機
第1章 財産は独占である―所有権を部分共有して、競争的な使用の市場を創造する
第2章 ラディカル・デモクラシー―歩み寄りの精神を育む
第3章 移民労働力の市場を創造する―国際秩序の重心を労働に移す
第4章 機関投資家による支配を解く―企業支配のラディカル・マーケット
第5章 労働としてのデータ―デジタル経済への個人の貢献を評価する
結論 問題を根底まで突き詰める
エピローグ 市場はなくなるのか

おすすめコメント

私有財産を共有財産としてオークションにかけるなど、独占や格差を是正し、機能不全に陥った市場の力を取り戻すための大胆な提言!

著者紹介

ポズナー,エリック・A. (ポズナー,エリックA.)   Posner,Eric A.
シカゴ大学ロースクールのカークランド・アンド・エリス特別功労教授。シカゴ在住
ワイル,E.グレン (ワイル,E.グレン)   Weyl,E.Glen
マイクロソフト首席研究員で、イェール大学における経済学と法学の客員上級研究員。ボストン在住
安田 洋祐 (ヤスダ ヨウスケ)  
大阪大学大学院経済学研究科准教授。1980年生まれ。東京大学経済学部卒業後、米国プリンストン大学へ留学しPh.D.を取得。政策研究大学院大学助教授を経て、2014年4月から現職。専門はゲーム理論、産業組織論。学術研究の傍らマスメディアを通した情報発信や、政府での委員活動に取り組んでいる
遠藤 真美 (エンドウ マサミ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)