• 本

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-492-53270-6
4-492-53270-6
税込価格 3,080円
頁数・縦 500,18P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 各社のキラーパスにひたすら関心しっぱなしでした

    本書ではガリバーインターナショナル・マブチモーター・スターバックス・アマゾン・DELL・サウスウエスト航空等が取り上げられ、各々の戦略が分析されています。読めば、なるほどなるほどそういうことか。と、各社のキラーパスにひたすら関心しっぱなしでした。著者は人に話していて面白いストーリーでなければ成功しませんよと述べていますが、全くその通りだと痛感しましたね。大変に色々学ばせていただける本でした。

    (2011年4月15日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

文学賞情報

2011年 第2回 ビジネス書大賞受賞

要旨

戦略の神髄は、思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある。多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から究極の競争優位をもたらす論理を解明。

目次

第1章 戦略は「ストーリー」
第2章 競争戦略の基本論理
第3章 静止画から動画へ
第4章 始まりはコンセプト
第5章 「キラーパス」を組み込む
第6章 戦略ストーリーを読解する
第7章 戦略ストーリーの「骨法一〇カ条」

出版社
商品紹介

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略を流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てている。

出版社・メーカーコメント

『日本経済新聞』『朝日新聞』『プレジデント』 『週刊東洋経済』『日経ビジネス』『週刊ダイヤモンド』など 各メディアやブログなどで紹介、絶賛! 戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある! 大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った 「ストーリー」として組み立てられているという点で共通している。 戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながら仕方なくつらされるものではなく、 誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくるということなのだ。 本書では、多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から、 究極の競争優位をもたらす論理を解明していく。 膨大な研究と取材によって紡ぎ出された500ページの本文。 そのボリュームを感じさせない圧倒的な筆力で、経営戦略の本質を描き出す。 刊行後3カ月にして増刷続々。すでに戦略論の古典になりうる実力を備えた一冊。

著者紹介

楠木 建 (クスノキ ケン)  
一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。1964年東京都生まれ。92年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専攻は競争戦略とイノベーション(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)