• 本

決定版5G 2030年への活用戦略

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-492-58116-2
4-492-58116-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 350P 19cm

商品内容

要旨

超高速/大容量・超低遅延・同時多数接続をどう使う?これだけ読めばわかる第5世代移動通信システム!

目次

第1章 5Gとは何か 携帯電話40年の集大成
第2章 5G周波数割当ての狙い
第3章 「静かなる有事」とSociety 5・0
第4章 5Gの利活用に向けた総力戦
第5章 誰でも使えるローカル5G
第6章 持続可能な2030年の未来社会に向けて

おすすめコメント

2030年のSociety5.0の実現へ向けたカギとなる5G。その特性と利用可能性を、政策担当者が豊富な具体例を交えて解説。

著者紹介

片桐 広逸 (カタギリ コウイチ)  
総務省総合通信基盤局電波部基幹・衛星移動通信課長。慶應義塾大学経済学部卒業、米国ジョージタウン大学院修了(公共政策学修士)。総務省(旧郵政省)に入省以降、全国ブロードバンド整備、ICTによる地域活性化、放送行政、電波・電気通信事業政策、被災地復興支援など広く情報通信・ICT行政に携わり、2018年4月から2019年7月まで携帯事業者への周波数割当てやローカル5Gを含む我が国の5G推進戦略を担当。全国各地での講演等も多数。2019年7月から現職。山形県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)