• 本

日本医療保険制度史

第3版

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-492-70148-5
4-492-70148-6
税込価格 16,500円
頁数・縦 1128P 22cm
シリーズ名 日本医療保険制度史

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

明治から平成へ、日本の医療保険制度100年の歴史を見通す。制度の創設・改正、時代背景、経済的・社会的諸事情のすべてを克明に描く。

目次

第1部 明治、大正から昭和の終戦までの時代―制度の創設と拡充
第2部 終戦から高度成長の時代―制度の再建と発展
第3部 石油危機から昭和の終わりまでの時代―制度の調整と抑制
第4部 平成の時代―医療保険制度の構造改革
第5部 診療報酬とその改革をめぐる問題
第6部 課題と展望
第7部 医療保険制度史を理解するうえで知っておきたいトピックス

著者紹介

吉原 健二 (ヨシハラ ケンジ)  
昭和7年生まれ。東京大学法学部卒業後、昭和30年4月厚生省入省。以降、昭和58年8月厚生省児童家庭局長。昭和59年6月厚生省年金局長。昭和61年6月社会保険庁長官。昭和63年6月厚生事務次官。平成2年11月厚生年金基金連合会理事長。平成11年2月厚生年金事業振興団理事長、人口問題審議会、社会保障制度審議会、年金審議会、児童福祉審議会、財政審議会、資金運用審議会等の委員を務め、現在、公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構評議員、一般社団法人年金綜合研究所評議員、公益財団法人難病医学研究財団評議員
和田 勝 (ワダ マサル)  
昭和20年生まれ。東京大学法学部卒業後、昭和44年7月厚生省入省。以降、昭和56年4月厚生大臣官房総務課長補佐(国会担当)、昭和57年8月保険局企画官等を経て、平成元年6月厚生省薬務局経済課長。平成4年6月厚生省保険局企画課長。平成5年6月厚生省大臣官房総務課長。平成6年9月厚生省大臣官房審議官(医療保険、老人保健、介護問題担当)、高齢者介護対策本部事務局長。平成8年12月退官。現在、福祉社会総合研究所代表、健康保険組合連合会参与、国際医療福祉大学大学院客員教授、順天堂大学大学院客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)