• 本

日本の水ビジネス

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-492-76186-1
4-492-76186-1
税込価格 2,420円
頁数・縦 237P 21cm

商品内容

要旨

世界市場で戦うために何が必要か。ウォーターバロンなど各国企業の動向や、日本企業の強み・弱みを分析し、とるべき戦略を示す。

目次

水ビジネスは今どうなっているのか?
第1部 日本の水ビジネス(海水淡水化ビジネス
膜ビジネス
上水道、下水道ビジネス
水売りビジネス
工場排水浄化ビジネス)
第2部 海外の水ビジネス(シンガポール、スペイン、韓国の国家戦略
ウォーターバロンの戦略)
第3部 日本の水ビジネスの今後(「チーム水 日本」
日本企業はどこを狙うべきか)
第4部 資料編(水ビジネス関係の参考資料)

出版社
商品紹介

世界規模での市場拡大が見込まれる水ビジネスの全貌と、日本企業の取り組み、海外企業の動向などを概略する。関連文献も詳しく紹介。

著者紹介

中村 吉明 (ナカムラ ヨシアキ)  
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)研究開発推進部長。1987年早稲田大学大学院修了。同年通商産業省(現・経済産業省)入省。1996年スタンフォード大学大学院修了。2001年東京工業大学大学院経営工学専攻博士課程修了(博士(学術))。主な研究分野:産業政策、産業政策の政策効果分析、産学官連携、ナショナル・イノベーション・システムなど。経済産業省環境指導室長等を経て、2009年7月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)