• 本

おむすびころりん

松谷みよ子むかしむかし

出版社名 童心社
出版年月 2006年12月
ISBNコード 978-4-494-00245-0
4-494-00245-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 〔32P〕 26cm

商品内容

要旨

地下の国を訪ねて宝物をもらってくるお話です。地下の国にも、地蔵浄土、鬼の浄土、ねずみ浄土などいろいろで、なかでもねずみ浄土は、とくに子どもたちに愛されてきました。今回この絵本におさめられている話は、ばあさまが主人公です。日本全国だいたいは、じいさまがねずみの国にいくのですが、大分、熊本、福岡、広島、島根、鳥取などでは、ばあさまもいきます。そこで、今回はばあさまの出番にしました。

出版社
商品紹介

むかし、ばあさまがじいさまへおむすびをとどけに山にのぼった。ところが、足をすべらしてねえ…。

おすすめコメント

【1】おやおやf(^_^;) 【2】おじいさん、おばあさん、おにぎり、ねずみ、もぐら【3】4才【4】8分【5】32ページ【6】250×195mm【7】おばあさんが足を滑らせて落としたおむすび。穴の中のねずみたちは大喜びでお礼に小判をくれました。(読み聞かせにオススメ)

出版社・メーカーコメント

むかし、ばあさまがじいさまへおむすびとどけに山をのぼった。ところが、足をすべらしてねえ…。長野ヒデ子の元気でかわいい絵も魅力。

著者紹介

松谷 みよ子 (マツタニ ミヨコ)  
1926年東京都生まれ。松谷みよ子民話研究室を主宰し、民話採集を精力的に行っている。『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)など多くの作品がある
長野 ヒデ子 (ナガノ ヒデコ)  
1941年愛媛生まれ。『おかあさんがおかあさんになった日』(サンケイ児童出版文化賞)『せとうちたいこさんデパートいきタイ』(日本絵本賞)など多くの作品がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)