• 本

ねこなんていなきゃよかった

童心社のおはなしえほん

出版社名 童心社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-494-01635-8
4-494-01635-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 〔34P〕 21×23cm

商品内容

要旨

悲しいときには、泣いていいんだ。じゃれたり、あまえたり、いたずらしたり…いつもとなりにいてくれた、ねこのももちゃん―いのちの愛おしさ、あたたかさがつたわってくる絵本。

著者紹介

村上 しいこ (ムラカミ シイコ)  
三重県生まれ。『かめきちのおまかせ自由研究』(岩崎書店)で日本児童文学者協会新人賞、『れいぞうこのなつやすみ』(PHP研究所)でひろすけ童話賞、『うたうとは小さないのちひろいあげ』(講談社)で野間児童文芸賞を受賞
ささめや ゆき (ササメヤ ユキ)  
東京都生まれ。1970年代にパリやニューヨークで絵を学び、帰国後、本の挿画などを手掛ける。『ガドルフの百合』(宮沢賢治・作/偕成社)で小学館絵画賞、『あしたうちにねこがくるの』(石津ちひろ・文/講談社)で日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)