• 本

もっとしくじり動物大集合 なんでそうした!?そうなった!? 愛らしくて面白いポンコツな動物たち150種以上!

出版社名 永岡書店
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-522-43568-7
4-522-43568-1
税込価格 1,058円
頁数・縦 191P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

行儀が悪い生態、住む場所がヘン、寄食偏食、イケていないそのお姿、かわいそすぎる社会。笑って学べる!オモシロ楽しい動物進化論!おかわり!爆笑4コマ17本つき!

目次

1章 君たち!行儀が悪いぞ―生態編(最強大型肉食獣トラはマーキングのときにウンチを小出しにする
ジャイアントパンダは動物界一、姿勢が悪いだらしないヤツ ほか)
2章 摩訶不思議!ナゼそこにいる―分布編(森の大工ビーバーは熱中しすぎて巨木の下敷きになってよく死ぬ
アフリカウシガエルはサバンナで乾燥しないよう人生の大半を寝て過ごす ほか)
3章 寄食偏食!それ本当においしいの?―食事編(タコの足は襲われても再生するけど自分でかじっちゃうと再生しない
キリンは動物界最大のゲロをする ほか)
4章 なんか微妙!イケてないけど―形態編(コトドリは暴走族の爆音そっくりの求愛ソングを歌う
神秘の黄金に輝くゴールデンターキンはさわると脂でベトベトしている ほか)
5章 ああ無常!かわいそすぎだろ―社会編(ミツバチは引越しをするとき肉食に豹変する
ムレイワガネグモのお母さんは自らの身体を子どもに捧げる ほか)

著者紹介

新宅 広二 (シンタク コウジ)  
1968年生まれ。生態科学研究機構理事長。専門は動物行動学と教育工学で、大学院修了後、上野動物園、多摩動物公園勤務。その後、国内外のフィールドワークを含め400種類以上の野生動物の生態や飼育方法を修得。狩猟免許も持つ。大学で20年以上教鞭をとる。監修業では国内外のネイチャー・ドキュメンタリー映画や科学番組など400作品以上てがけるほか、動物園・水族館・博物館のプロデュースも実績がある。動物関連のドラマ・SF・アニメの監修・脚本まで多岐にわたり対応。国内外のエコ・ツアーの監修なども手がけている。動物図鑑の執筆・監修多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)