• 本

リンゴが教えてくれたこと

日経プレミアシリーズ 046

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2009年5月
ISBNコード 978-4-532-26046-0
4-532-26046-9
税込価格 935円
頁数・縦 211P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • リンゴの気持ちになって考えました。
    土の中にいる虫たちの個体数は、人口よりはるかに多いのです。農薬は人間のエゴなんです。

    (2013年8月26日)

商品内容

要旨

自然には何一つ無駄なものはない。私は自然が喜ぶようにお世話をしているだけです―。絶対不可能と言われたリンゴの無農薬・無肥料栽培を成功させ、一躍時の人になった農業家が、「奇跡のリンゴ」が実るまでの苦難の歴史、独自の自然観、コメや野菜への展開を語るとともに、農薬と肥料に依存する農のあり方に警鐘を鳴らす。

目次

第1章 木村、やっと花が咲いたよ
第2章 農薬はつらい―無農薬・無肥料への一念発起
第3章 死を覚悟して見つけたこと
第4章 米の自然栽培は難しくない
第5章 全国、世界へと広がる輪
第6章 すべて観察からはじまる

おすすめコメント

『奇跡のリンゴ』の木村さん、待望の書き下ろし! 養老孟司、茂木健一郎、糸井重里などの著名人らが食し、NHKの「プロフェッショナル」などで取りあげられて以降、抽選でないとリンゴが手に入らないほどの人気となった注目の農業家によるはじめての新書です。

著者紹介

木村 秋則 (キムラ アキノリ)  
農家。1949年、青森県中津軽郡岩木町生まれ。弘前実業高校卒。川崎市のメーカーに集団就職するが、一年半で退職。71年故郷に戻り、リンゴ栽培を中心とした農業に従事。農薬で家族が健康を害したことをきっかけに78年頃から無農薬・無肥料栽培を模索。十年近く収穫ゼロになるなど苦難の道を歩みながら、ついに完全無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功する。現在、リンゴ栽培のかたわら、全国、海外で農業指導を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)