• 本

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

PHP新書 1144

出版社名 PHP研究所
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-569-84106-9
4-569-84106-6
税込価格 950円
頁数・縦 263P 18cm

商品内容

要旨

AI(人工知能)による経済の地殻変動、グローバル資本主義で広がる格差、自壊を始めた民主主義…。激動を続ける世界は、この先どこへ向かうのか。本書は、国際ジャーナリスト・大野和基氏が、世界の「知の巨人」8人と対話した論考集である。登場するのは『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド氏、『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリ氏、『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』のリンダ・グラットン氏など。進化生物学、歴史学、経済学など各分野の泰斗の目に、来るべき世界はどう映るのか。知の頂上から未来を見通す、知的興奮に溢れた1冊。

目次

1 ジャレド・ダイアモンド―資源を巡り、文明の崩壊が起きる
2 ユヴァル・ノア・ハラリ―近い将来、「役立たず階級」が大量発生する
3 リンダ・グラットン―人生一〇〇年時代、生き方は三つのステージからマルチ・ステージへ
4 ニック・ボストロム―AI万能時代が訪れ、働き方は根本的に変革する
5 ダニエル・コーエン―テクノロジーは中流階級を豊かにしない
6 ウィリアム・J・ペリー―北朝鮮は核開発をあきらめない
7 ジョーン・C・ウィリアムズ―民主主義を揺るがす「ホワイト・ワーキング・クラス」という人々
8 ネル・アーヴィン・ペインター―アメリカは分極化の波にさらされる

著者紹介

大野 和基 (オオノ カズモト)  
1955年、兵庫県生まれ。大阪府立北野高校、東京外国語大学英米学科卒業。1979〜97年在米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、国際情勢の裏側、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行なう。1997年に帰国後も、取材のため、頻繁に渡航。アメリカの最新事情に精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)