• 本

論理パラドクス 論証力を磨く99問

出版社名 二見書房
出版年月 2002年10月
ISBNコード 978-4-576-02166-9
4-576-02166-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 206P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • パズル、ジレンマ、パラドクス?

    「嘘つきのパラドクス」「ニワトリと卵」「タイムトラベルのパラドクス」「外れない予言」など、古今東西の有名、無名な99の問題で論理力を鍛え、日常に活用してみよう。豊富な問題の数々はさまざまな状況に適応できそう。後半、すこし難しめなので時間をかけてゆっくりと理解してほしい、議論に必須の入門書です。

    (2004年10月14日)

商品内容

要旨

哲学・論理学の伝統的パズルを使って、ロジカルセンスを鍛える画期的問題集。

目次

序章 ウォーミングアップ編
第1章 自己言及の部門
第2章 概念分析の部門
第3章 確率的陥し穴の部門
第4章 定義と曖昧さの部門
第5章 知識と意識の部門
第6章 予言と検証の部門
第7章 意思決定と統計の部門
第8章 法律・生命倫理の部門

出版社
商品紹介

交渉、議論の場で発揮される論理力を鍛えるためのパズル問題集。問題を解くうちにロジカルシンキングが自然と身につく。

おすすめコメント

議論には必須の教養がある!哲学・論理学の伝統的パズルを使って、ロジカルセンスを鍛える画期的問題集。

著者紹介

三浦 俊彦 (ミウラ トシヒコ)  
1959年、長野県生まれ。小説家。1983年、東京大学文学部美学芸術学科卒業。89年、同大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化専門課程修了。現在、和洋女子大学助教授。研究分野は、分析哲学、形而上学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)